嚢胞性卵巣症候群における不妊の原因

不妊の原因は数多く様々ですが、その中の一つに嚢胞性卵巣症候群があげられています。

スポンサードリンク

嚢胞性卵巣症候群が起こる原因は未だ解明されていないのが現状なのですが、男性ホルモンや黄体ホルモンなどのホルモンバランスが乱れている事、卵巣の代謝が悪い等が原因なのではないかと考えられている様です。

嚢胞性卵巣症候群自体が不妊に繋がっていると言う訳ではなく、多嚢胞性卵巣の女性の約7割の方が卵巣の皮膜が硬いため排卵しづらいなどの排卵障害の問題が起こるとされているために不妊の可能性が高くなると言われています。

スポンサードリンク

多嚢胞性卵巣症候群の主な症状としては、排卵が起こりにくいことから来る月経不順、無排卵、卵胞が一度にたくさん成長することから卵胞中の男性ホルモンが増加する、肥満、黄体ホルモン分泌不全による月経過多症などがあります。

この嚢胞性卵巣症候群についての検査は血液検査で行うことが出来ます。
血液中の黄体形成ホルモンや男性ホルモンの濃度を見る検査を行います。

他にも超音波を使った検査がありますが、この検査で多嚢胞性卵巣の状態を見てみると、通常のよりも多くの卵胞を卵巣の中に確認する事が出来ます。
この状態が真珠のネックレスのような連なりに見える事から「ネックレスサイン」と呼ばれます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

不妊の様々な原因
現在、不妊で悩んでいる夫婦は20代~40代の約15%にもおよぶと言われています......
ピックアップ障害による不妊
不妊の原因の一つに、ピックアップ障害と呼ばれるものがあります。 様々な不妊検査を......
子宮内膜症は不妊の原因
子宮内膜症という病気をご存知ですか。 子宮の内側に出来る内膜が子宮以外の場所に出......
性感染症は不妊の原因
不妊の原因については様々なものがあげられます。 ホルモンのバランスが崩れている、......
生理不順が不妊の原因
人によって周期は様々ですが、およそ一ヶ月に一回やってくる生理は女性にとっては面倒......
不妊の原因である黄体機能不全
不妊の原因の一つである黄体機能不全ですが、そもそも、黄体機能不全とは一体どういっ......
不妊の原因として考えられる抗精子抗体
不妊の原因の一つとしてあげられている抗精子抗体ですが、これは女性の体が精子を異物......

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

不妊の原因と対策:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kenkoublog.org/funin/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。