不妊の原因である黄体機能不全

不妊の原因の一つである黄体機能不全ですが、そもそも、黄体機能不全とは一体どういった症状で、どういったことが原因で不妊の原因となっているのでしょうか。

スポンサードリンク

この黄体機能不全が起こる原因としては、卵胞刺激ホルモンの分泌低下や、黄体形成ホルモンの分泌低下、子宮内膜の感受性の低下があげられています。
黄体機能不全は卵巣にある卵胞が排卵した後にできる黄体から分泌されるホルモンの値が低い状態を指します。

この事によって子宮内膜が受精卵の着床しやすい厚さまで成長できずに不妊の原因となってしまうのです。

スポンサードリンク

黄体機能不全が不妊の原因と診断される基準としては、高温期の持続が9日以内で高温期と低温期の体温の差が0.3℃以内、子宮内膜の厚みが8mm以内でプロゲステロンの数値が10ng/ml未満である事とされています。

不妊の治療の始まりとして、必ず基礎体温表を計測していきますが、この基礎体温のグラフでこの黄体機能不全を発見する事が出来ます。
基礎体温表で疑いがもたれた場合には詳しく黄体機能不全について検査を行っていきます。

黄体機能不全の治療法は、卵胞期に排卵誘発剤のクロミッドを服用する方法と、黄体期に黄体ホルモンのルトラールやHCGを投与する方法があります。

不妊の原因は様々です。
その中でも排卵をただおこせばよいというものではなくとてもデリケートな治療と考えられます。
治療だけでなく普段の生活習慣もぜひ改善して治療を行っていきましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

不妊の様々な原因
現在、不妊で悩んでいる夫婦は20代~40代の約15%にもおよぶと言われています......
ピックアップ障害による不妊
不妊の原因の一つに、ピックアップ障害と呼ばれるものがあります。 様々な不妊検査を......
子宮内膜症は不妊の原因
子宮内膜症という病気をご存知ですか。 子宮の内側に出来る内膜が子宮以外の場所に出......
性感染症は不妊の原因
不妊の原因については様々なものがあげられます。 ホルモンのバランスが崩れている、......
生理不順が不妊の原因
人によって周期は様々ですが、およそ一ヶ月に一回やってくる生理は女性にとっては面倒......
嚢胞性卵巣症候群における不妊の原因
不妊の原因は数多く様々ですが、その中の一つに嚢胞性卵巣症候群があげられています。......
不妊の原因として考えられる抗精子抗体
不妊の原因の一つとしてあげられている抗精子抗体ですが、これは女性の体が精子を異物......

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

不妊の原因と対策:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kenkoublog.org/funin/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。