不妊症検査の考え方

不妊症で悩んでいるカップルは、近年とてもたくさんいらっしゃいます。

スポンサードリンク

最近では不妊のための外来を専門に扱う病院もありますし、不妊治療の医学もとても進化しています。
一人で悩まずにぜひ一度検査を受けてみてはどうでしょうか。

病院では、まず不妊に対する様々な検査を行います。
本当に不妊症であるのかといったところから、不妊症であった場合の原因まで様々な検査によって調べていきます。

女性が検査を行う場合には、まず基礎体温の測定により排卵の有無、黄体機能不全の可能性の有無などを調べます。
月経の最初の方で採血を行いホルモンの基礎数値を測定していきます。

スポンサードリンク

この検査によって不妊の原因をおおよそ判断する事が可能といわれています。
この検査で排卵を上手く行えていない場合には、排卵誘発の治療を、ホルモン異常の場合にはそれに対しての投薬治療を開始します。

月経終了後には卵管のつまりなどを調べる、疎通性検査(通水検査)を超音波を使用して行います。
その検査結果が良くなかった場合には、造影剤を使った卵管造影検査が行なわれます。
この卵管のつまりを調べる際の検査は痛みを生じる検査となっていますが、この検査を行うだけでも卵管の通りがよくなり妊娠というケースもあるようです。

排卵の時期が近づくとまた別の検査も行います。
この様に、排卵や月経のサイクルにあわせて様々な検査を行い、不妊に対しての原因を詳しく調べてから、それぞれの治療が開始されるのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

フーナーテスト|不妊検査
不妊の原因を知る為にまず色々な方向から検査を行いますが、その中の一つにフーナーテ......
子宮卵管造影検査|不妊検査
不妊検査の一つに子宮卵管造影検査というものがありますが、この検査によって卵管の通......
卵管通水検査・卵管通気検査
不妊治療には、不妊が卵管の詰まりが原因で起こっているのではないかと思われるときに......

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

不妊の原因と対策:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kenkoublog.org/funin/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。