不妊治療をお考えの方へ

不妊症治療は、長期の治療となる事が殆どです。

スポンサードリンク

不妊症ではないかと思ったら、なるべく早く産婦人科を受診しましょう。
初めての場合、抵抗があって受診するのは勇気がいると思いますが、早ければ早いほど、良い結果も早く期待できます。ぜひ早めの受診をおすすめします。

不妊症診察では内診が行われる場合も考えて、脱ぎ着がしやすい服装や下着で行く方が良いでしょう。

不妊治療には、人口受精や体外受精など健康保険対象外のものもありますが、かなりな割合で保険が適用されていまので、保険証は必ず持っていきましょう。

スポンサードリンク

問診がスムーズにいくように、今までにかかった大きな病気、受けたことのある手術、薬や食べ物のアレルギーなどについてもまとめておきましょう。
一般的な診療に必要な項目以外に、不妊症治療の場合は、初潮の年齢、だいたいの生理の周期、一番最近の生理開始日などもまとめておくと良いと思います。

また、2~3ヶ月程度の基礎体温表も用意しておくと、治療がスムーズに始められます。

受診後に基礎体温を測り始めても構わないのですが、ある程度の期間の基礎体温表があれば、その人の身体の状態がよくわかります。
受診のタイミングはいつでも良いのですが、生理が終わって排卵日がくるまでの間が、一番適当であるようです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

不妊を疑った時、最初にする事
まず、避妊を行わずに正常な性行為を行っているにもかかわらず2年以上妊娠していない......
基礎体温で自分の体をチェック
基礎体温表という言葉を女性の方の殆どは知っている言葉なのではないかと思います。 ......
不妊症チェックの重要性
不妊症チェックの重要性は、自分が不妊症であるかどうかは、なかなかわかりにくいもの......

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

不妊の原因と対策:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kenkoublog.org/funin/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。