子宮卵管造影検査|不妊検査

不妊検査の一つに子宮卵管造影検査というものがありますが、この検査によって卵管の通過性と子宮内の異常を調べる事が出来ます。

スポンサードリンク

不妊の検査では他にも、卵管の詰まりを検査する事の出来る、通水・通気検査がありますが、この二つの検査では卵管の癒着の状態をはっきりと知る事が出来ません。

この子宮卵管造影検査で詳しく検査をして、卵管の癒着部位や状態をより詳しく調べていきます。
不妊の検査である子宮卵管造影は、子宮口から小さい風船状のチューブ(バルーン)を挿入します。
造影剤を注入して時間間隔をあけながらレントゲンを撮影していきます。卵管の詰まりが原因の場合には、卵管が詰まっている部分より先には造影剤は注入されません。
従ってレントゲンには、移らないという事から癒着の有無がわかります。

スポンサードリンク

この検査は、不妊の検査の中でも苦痛を感じる方の多い検査です。

しかしこの検査は子宮や卵管の状態を知る検査というだけではなく、不妊の治療という一面も持っています。実はこの不妊の検査によって、軽い卵管のつまりが解消され妊娠する事が可能となる場合も少なくありません。
実際のデータとして、子宮卵管造影検査を行なった後の3ヶ月位は妊娠の確立が上がるともいわれています。

また卵管の詰まりや癒着を調べる事は、不妊の検査には欠かせない重要なものとなっています。
痛みを伴うと聞けば、やはり不安も多いでしょうが、過度に怖がらずに検査を受けましょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

不妊症検査の考え方
不妊症で悩んでいるカップルは、近年とてもたくさんいらっしゃいます。 最近では不妊......
フーナーテスト|不妊検査
不妊の原因を知る為にまず色々な方向から検査を行いますが、その中の一つにフーナーテ......
卵管通水検査・卵管通気検査
不妊治療には、不妊が卵管の詰まりが原因で起こっているのではないかと思われるときに......

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

不妊の原因と対策:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kenkoublog.org/funin/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。