PSA検査

psa検査というのは、あまり聞き馴染みの少ないという人がほとんどでしょう。
psa検査というのは、前立腺がんの早期発見に非常に効果的な検査方法として注目を集めているがん検査の方法のひとつです。

前立腺がんというと、以前は直腸診といって、肛門から指を差し入れ、直腸と隣接している前立腺を指で確認するという方法が一般的でした。
これは、まあ想像するだけでも分かりますが、男性にとっては非常に恥ずかしい屈辱的ともいえる検査方法で、受けるのに覚悟が必要なため、受けたくないといって受けない人も多いというのが現状でした。

psa検査というのは、そういった直接的な指による検査ではなく、血液検査の一つなので、普通に採血するだけで前立腺がんのおおよその見当がつくため、非常に手軽に行える方法の一つと言えます。

psa検査の原理ですが、前立腺というのは、男性の精液に含まれる前立腺液を作り出すための器官であることが知られています。
前立腺液には、精子のエネルギーとなる物質などが含まれていますが、同時に精液中に含まれるたんぱく質を分解し、精子の運動を活発にするのを助ける役割を担うような物質も含まれています。

これがPSA、つまりProstate Specific Antigenと呼ばれる物質で、日本語で言えば前立腺特異抗原と呼ばれるものです。

これは通常は前立腺から分泌され精漿中に含まれるもので、血液中に混ざることはほとんどないか、あってもごく微量です。

しかし、前立腺に異常が認められると、このPSAが血液中にも多く混ざることが確認されています。

PET検査

pet検査という検査をご存知でしょうか。
pet検査というのは、体内のガンの検査に用いる検査の方法のひとつです。

PETとはPositron Emission Tomographyの頭文字をとったもので、日本語では陽電子放射断層撮影と呼ばれています。

pet検査が今までの検査と違うのは、今までのガン検査の方法であるレントゲン撮影やCT撮影などが主に形を見極めることによってガンであるかどうかを判断していたのに対して、pet検査では、ガン細胞の性質を研究することで、ガン細胞とガン細胞以外の正常な細胞を区別して検査することができる点です。

ガンというのは、発生してすぐにどうこうという病気ではなく、何年かかけて大きくなり、目で確認できる大きさになって、さらに加速的に増殖したり、他の臓器へ転移したりして最後は死に至る病気です。

従来の目で確認できる大きさにならないと発見できない検査方法では、特に進行の早い若い人だと手遅れになってしまうことも十分に考えられます。

その点、pet検査であれば、目で見える大きさにならなくても、細胞としてある程度まとまったものになれば検査により見つけることができ、早期発見が重要なガンの検査方法としては非常に優れたものであるということがいえるのです。

MRI検査

mri検査というのは、名前だけは聞いたことがあるけれども、受けたことがある、という人は少ないんじゃないでしょうか。

mri検査が必要になるのは、脳や脊椎、子宮、卵巣、前立腺など、骨盤腔内の病変に対して検査を行う場合です。

この場合、他の検査方法よりも安全に、しかも目で見て分かりやすい検査結果が得られるため、小さな病変であっても見逃しづらい、きちんとした検査ができることから、現代の医療にはかかせない検査方法の一つになっています。

ただ、mri検査を受けるというと、かなり重い病気なのではないか、といった心配や、大掛かりな装置に入るということから抵抗感も大きいのが現状だと思います。
ただ、mri検査には、いろいろな誤解というのも大きいものがあり、実際には非常に安全な検査方法であるにも関わらず、検査が失敗して大変なことになるのではないか、といった妙な不安を抱いている人も多いのです。

mri検査というのは、超伝導磁石という磁石が埋め込まれたトンネルの中を、横たわった状態の人体を通すことにより、その磁場の力により体内の状況を探り、目で分かりやすい形で映像化する装置ということができます。

脳検査

脳の検査、CTとMRIについて考えてみましょう。

脳というのは、さまざまな人間の体の機能をコントロールする、人間の体の中心ともいえる器官です。
脳があるから考えることができ、物を見ることができ、音を聞くことができ、手を動かすことができ、しゃべることができ、走ることができ、自由にカラダを動かすことができると言えます。

しかし、脳はそれ自体が痛みを感じる機能を持たないため、脳がダメージを受けても、出血などが比較的緩やかな場合はすぐに症状が表れることがないことや、症状が表れた場合にはすぐに生命の危険にさらされることもある恐ろしい器官であるということも言えます。

しかし、日本では脳の検査を定期的に行うという傾向にないため、脳検査に関する知識の少ない人が多いようです。

脳検査の方法として代表的なものとして、CTがあります。
CTはComputed Tomography、つまりコンピューター断層撮影の略です。

通常のCTはX線を用いて測定した内部の様子をコンピューターで処理して画像にしています。

眼底検査

眼底検査というと、名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれませんが、一般的にはあまりなじみのない検査であるといえるでしょう。

そもそも眼底というのがどこを指すのかすら、正確にはわからない人が多いでしょうし、眼底に異常がある、あるいは眼底の様子に変化が見られることで、何が分かるのか、どういった病気になるのか、といったことも分からないのが普通でしょう。

そこで、ここでは眼底検査についてご紹介していきたいと思います。

そもそも眼底とは、眼球の裏側にあたる、網膜や視神経乳頭などの検査のことです。

目の裏側なんてどうやって検査するんだろう、と思われるかもしれませんが、目の前方には瞳孔という光が目の中に差し込む部分があります。
瞳孔から入った光が網膜に当たることによって視神経が光を感じとり、脳に伝わって物が見えるという仕組みになっているので、眼底検査でも、この目の入り口である瞳孔から中を覗いて網膜や視神経乳頭の様子を探るわけです。

通常と逆のことを行うんですね。

眼底検査で分かる病気と言うのはいろいろあります。

網膜はく離や眼底出血、また脳腫瘍の兆候がうっ血乳頭という所見で表れることもあります。
中でも一番重要な病気として、緑内障が上げられるでしょう。

大腸検査

大腸検査をやったことがあるでしょうか。

大腸検査をやったことがある、という人は、なかなか少ないのではないかと思います。

大腸は、口-食道-胃-十二指腸-小腸と続く消化器官の中でも最後の方にあたる臓器です。
大腸に至るまでの消化器官で栄養分をとられた食べ物のカスから水分を吸収し、大便として排泄する準備を行う臓器といえるでしょう。

大腸も他の消化器官と同じく、潰瘍が発生しやすいところで、大腸がんの恐れも低いものではありません。
大腸検査は定期的に行っておくほうがよいだろうとは思います。

実際の大腸検査ですが、肛門から内視鏡を入れて行うやりかたが一般的です。

大腸検査は前日から準備が始まります。
消化器官ですから、食べ物が入っていると内視鏡による検査が行えませんので、軽めの食事を夕方に食べておしまいとし、本格的な夕食は抜きにします。

他にも、できるだけ繊維質のものや、消化に悪いものは2日前くらいから避けるように指示されます。

前日の夜に下剤を飲みます。これは通常は液体の下剤です。
で、その日はそのまま寝て翌日の朝、今度は水薬を飲みます。朝起きた頃から、前日の下剤が効いてきてトイレに通うことになると思います。

乳がん検査

乳がん検査についてご紹介することにしましょう。

乳がん検査は文字通り、乳がんであるかどうかを調べるための検査です。
自分で触ってみてシコリが感じられるとか、あるいは会社の集団検診で精密検査を指示されたというようなことがあれば、早めにお医者さんにかかるのがよいでしょう。

乳がん検査にはいくつかの種類があります。

まず、乳がんは他のガンと違って初期の痛みであるとか、体重の極端な減少といった特徴的な症状が見られにくいガンでもあります。

そのため、さわったときの微妙なしこりや違和感などがまずは発見のきっかけになることが多いようです。
というよりも、乳がんの場合、ごく初期に見つかったとしても、生命に危険のある確率が比較的高い、危険なガンの一つですから、とにかく早めに見つけることが大切なのですね。

医師による乳がん検査でも、まずは視触診といって、目で見て、手で触って検査するというのがその第一歩になります。

また、画像診断もよく行われる方法です。
画像診断の種類として一般的なのがエコーによる検査です。エコーというのは超音波を発して、その反射の様子を画像に変換するもので、体内を探るためのレーダーと言えるでしょう。

羊水検査

羊水検査というのをご存知でしょうか。

羊水というのは、妊娠した女性の子宮の中にたまってくるお水のことです。

羊水があることによって、お腹の赤ちゃんは常にお母さんのおなかの中に浮かんでいる状態になり、ある程度、自由に動きまわることができますし、お母さんのおなかに多少の衝撃が加わっても、それが胎児に直接伝わることがない、クッションのような働きをしています。

縁日の金魚すくいですくった金魚は水の入った袋に入れてもらって持ち帰りますが、あの袋にちょっとやそっとの衝撃を加えても、中の金魚が傷ついたり死んだりはしませんよね。

ああいった様子と同じで、羊水に守られた胎児は、多少の衝撃では健康に影響が出ることはない仕組みになっているのです。

また、羊水はお産のときにも大切な役目をします。出産前には陣痛が起こり、次第に子宮口が開いてきますが、何もない状態で簡単に赤ちゃんの頭が通るほど大きな通り道ができるわけではありません。

本当にギリギリのところを、赤ちゃんは頭蓋骨を縮めたり、体を回転させたりしながら命がけで出てくると言われています。

排卵検査

排卵検査薬というのをご存知でしょうか。
排卵検査薬は、よく妊娠検査薬と混同されがちですが、両者の役割は全く違うものです。

そもそも、女性の体の中でどういったことが起こるのかを理解する必要があります。

女性にはおよそ28日周期で月経が訪れます。いわゆる生理というものですね。

女性の体には、生まれたときから持っている卵巣という器官があり、そこから毎月1個ずつ(稀に複数の場合もありますが)卵子が排出されます。
これはゆっくりと子宮へ下りていき、赤ちゃんを育てるための準備として基礎体温を高めたりして精子との受精の瞬間を待ちます。

しかし、受精できない場合、卵子は外へ排出され、このときに出血を伴う月経が起こるということになります。

さて、この生理という現象には一つのホルモンが関わっています。
それが黄体ホルモンと呼ばれるものです。

このホルモンは生理周期の中で分泌が活発になったり、抑制されたりしています。
そして、黄体ホルモンの分泌がピークに達したとき、排卵が起こるとされています。

通常はピークから1日~1日半程度で排卵が起こるとされており、この期間が最も妊娠の確率が高い期間とされているのです。

心理検査

心理検査という言葉はあまりなじみがない人が多くても、心理テストというと、あー、知ってる、という人も多いでしょう。

雑誌などによく掲載されており、テレビなどでも取り上げられることの多い心理テストですが、実際にこれらの心理テストと呼ばれるものは、ほとんどが科学的根拠に基づかない、デッチ上げであることは間違いない事実です。

フロイトの夢分析などでも、抽象化されたシンボルが人間の深層心理を表しているなどとされますが、実際に科学的に調査されたものはほとんどないのが現状です。

ましてや、一般の雑誌やテレビで即興的に作られた心理テストの整合性などないに等しく、特に影響の大きいテレビで、さも科学的な根拠に基づくかのように放送される心理テストに対する批判というのは以前から根強いものがあります。

さて、実際の心理検査と呼ばれるものは、このような心理テストとは明らかに異なるものです。

心理検査の中にもいくつかの種類がありますので、代表的なものをいくつかご紹介したいと思います。