超音波検査

超音波検査というと、人によっていろいろな検査を思い浮かべると思います。
一般的には超音波検査は医療関係のエコー検査のことを指すという認識の人が多いと思います。

医療関係での超音波検査には、心臓、肝臓、腎臓、脾臓、すい臓、血管、胆嚢などの臓器の検査に利用されます。

胆嚢というとなじみがないかも知れませんが、痛みが出ているときに胆石による痛みかどうかを確認するのが、胆嚢に対するエコー検査で行われる、と言えば、実際にそういった検査を受けた人も多いことでしょう。

また、お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんの定期診断のときに、お腹の赤ちゃんの大きさや様子などを確認するのも同じ超音波検査によって行われます。この場合は、超音波による画像診断と共に、胎児の鼓動を音声で拾ってスピーカーから聞こえるようにする音声センサーが取り付けられ、胎児の健康を総合的にチェックできる仕組みがとられています。
特に、妊婦はレントゲン撮影により胎児への被爆の問題が出てきますので、エコーによる検査が一般的になっています。

以前のエコー検査の画像というと、リアルタイムで医師から説明を受けながら映像を見ている妊婦には分かりやすいものの、それを写真としてプリントアウトしたものをパパが見ると、何がなんだか分かりづらいという、非常に見づらいものでしたが、最近では映像を3D化して赤ちゃんの目鼻立ちなどもある程度分かるように改良されたものも出てきています。

また、例えば交通事故や転落事故などでお腹を強く打ったり、ケガをしている緊急患者に対して、FASTと呼ばれる超音波検査を行うことで、心嚢、肋間、肝腎陥凹、直腸子宮窩、脾臓といった衝撃ダメージで出血しやすいところ、出血した血液が腹腔内でたまりやすいところに異常がないか、つまり外部から開腹手術をせずに内蔵の異常や腹腔内の出血を確認するための検査が行われます。

また、さきほども少し触れましたが、胆嚢に胆石ができていることが疑われる場合の検査についても腹部のエコー検査、つまり超音波検査が標準的なものになっています。部位によっては見つかりにくい場合もありますが、基本的には非常に速やかに、かつ確実に胆石を見つけることができる方法とされています。

そのほか、医療現場だけでなく、道路工事や建築の世界において、コンクリート内部の鉄筋の様子など、外部からでは見ることができない建物内部の様子を、建物自体を壊すことなく確認できる方法としても超音波検査が利用されることがあります。