乳がん検査

乳がん検査についてご紹介することにしましょう。

乳がん検査は文字通り、乳がんであるかどうかを調べるための検査です。
自分で触ってみてシコリが感じられるとか、あるいは会社の集団検診で精密検査を指示されたというようなことがあれば、早めにお医者さんにかかるのがよいでしょう。

乳がん検査にはいくつかの種類があります。

まず、乳がんは他のガンと違って初期の痛みであるとか、体重の極端な減少といった特徴的な症状が見られにくいガンでもあります。

そのため、さわったときの微妙なしこりや違和感などがまずは発見のきっかけになることが多いようです。
というよりも、乳がんの場合、ごく初期に見つかったとしても、生命に危険のある確率が比較的高い、危険なガンの一つですから、とにかく早めに見つけることが大切なのですね。

医師による乳がん検査でも、まずは視触診といって、目で見て、手で触って検査するというのがその第一歩になります。

また、画像診断もよく行われる方法です。
画像診断の種類として一般的なのがエコーによる検査です。エコーというのは超音波を発して、その反射の様子を画像に変換するもので、体内を探るためのレーダーと言えるでしょう。

胎児の検診などでもエコーによる検査が行われますが、乳がん検査でも、カラダを傷つけず、痛みもなく、料金も安いというメリットがあります。
ただ、エコー検査自体の特徴として、医師の技量に負うところがあって、同じ患者でも検査で見つかるものと見つからないものがあるようです。

他の画像診断方法としては、最近とくにテレビコマーシャルなどでも宣伝されて注目を集めているマンモグラフィー検診というのがあります。

マンモグラフィー検診というのは、乳房のに特化したレントゲン撮影方法で、乳房をはさんで圧迫することでできるだけ厚みを少なくした状態でレントゲン撮影を行う方法です。

この方法であれば、エコーによる診断よりもさらに確実に初期の乳がんを発見することができます。

上記のような方法により、乳がんらしきものを発見した場合、穿刺吸引細胞診と呼ばれる乳がん検査を行います。

これは細い針をしこりの中に刺し、その部分の細胞組織を吸引して、がん細胞があるかどうかを調べるものです。

しこりがあったからといってガンとも限らず、腫瘍があったからといっても、それが悪性のものでなければやはりガンではありません。

乳がん検査ではこのような一連の検査により乳がんの早期発見治療を行う最初の一歩としての役割を果たしているのです。