眼底検査

眼底検査というと、名前ぐらいは聞いたことがあるかもしれませんが、一般的にはあまりなじみのない検査であるといえるでしょう。

そもそも眼底というのがどこを指すのかすら、正確にはわからない人が多いでしょうし、眼底に異常がある、あるいは眼底の様子に変化が見られることで、何が分かるのか、どういった病気になるのか、といったことも分からないのが普通でしょう。

そこで、ここでは眼底検査についてご紹介していきたいと思います。

そもそも眼底とは、眼球の裏側にあたる、網膜や視神経乳頭などの検査のことです。

目の裏側なんてどうやって検査するんだろう、と思われるかもしれませんが、目の前方には瞳孔という光が目の中に差し込む部分があります。
瞳孔から入った光が網膜に当たることによって視神経が光を感じとり、脳に伝わって物が見えるという仕組みになっているので、眼底検査でも、この目の入り口である瞳孔から中を覗いて網膜や視神経乳頭の様子を探るわけです。

通常と逆のことを行うんですね。

眼底検査で分かる病気と言うのはいろいろあります。

網膜はく離や眼底出血、また脳腫瘍の兆候がうっ血乳頭という所見で表れることもあります。
中でも一番重要な病気として、緑内障が上げられるでしょう。

緑内障はその症状が進行すると、最後には失明してしまう恐ろしい病気です。

かつては眼圧といって、眼球の内部の圧力が高すぎるために神経が圧迫され、神経節細胞が死滅して起こるという風に考えられていましたが、調査により、眼圧が正常であっても緑内障の発症が多数確認されているため、眼圧ばかりが原因ではないというところまでは分かってきています。

この、眼圧が正常なのに緑内障が発症する、正常眼圧緑内障の早期発見に眼底検査が大変有効であると言われています。

眼底検査の方法としては、検眼鏡によって瞳孔から眼底を覗くというようなやり方になります。

その際、光を目に当てますが、ご存知のとおり、瞳孔というのはカメラの絞りのような役割を果たしています。

デジカメ世代には分かりづらいかもしれませんが、フィルムで撮影するカメラの場合、レンズからの光の入る量を調整するために、光の入るところの穴の大きさを調整する機構が取り付けられており、これが絞りというものです。
で、瞳孔にも大量の光が差すと瞳孔が小さくなるので眼底を観察することができません。

そのため眼底検査に先立って、瞳孔が開きっぱなしになるような目薬を差して瞳孔を広げてから、瞳孔に光を当てて中を見ます。
眼底検査に特に痛みなどはありませんし、検査自体も数分で終わることがほとんどです。