タグ「前立腺」が付けられているもの

PSA検査

psa検査というのは、あまり聞き馴染みの少ないという人がほとんどでしょう。
psa検査というのは、前立腺がんの早期発見に非常に効果的な検査方法として注目を集めているがん検査の方法のひとつです。

前立腺がんというと、以前は直腸診といって、肛門から指を差し入れ、直腸と隣接している前立腺を指で確認するという方法が一般的でした。
これは、まあ想像するだけでも分かりますが、男性にとっては非常に恥ずかしい屈辱的ともいえる検査方法で、受けるのに覚悟が必要なため、受けたくないといって受けない人も多いというのが現状でした。

psa検査というのは、そういった直接的な指による検査ではなく、血液検査の一つなので、普通に採血するだけで前立腺がんのおおよその見当がつくため、非常に手軽に行える方法の一つと言えます。

psa検査の原理ですが、前立腺というのは、男性の精液に含まれる前立腺液を作り出すための器官であることが知られています。
前立腺液には、精子のエネルギーとなる物質などが含まれていますが、同時に精液中に含まれるたんぱく質を分解し、精子の運動を活発にするのを助ける役割を担うような物質も含まれています。

これがPSA、つまりProstate Specific Antigenと呼ばれる物質で、日本語で言えば前立腺特異抗原と呼ばれるものです。

これは通常は前立腺から分泌され精漿中に含まれるもので、血液中に混ざることはほとんどないか、あってもごく微量です。

しかし、前立腺に異常が認められると、このPSAが血液中にも多く混ざることが確認されています。

MRI検査

mri検査というのは、名前だけは聞いたことがあるけれども、受けたことがある、という人は少ないんじゃないでしょうか。

mri検査が必要になるのは、脳や脊椎、子宮、卵巣、前立腺など、骨盤腔内の病変に対して検査を行う場合です。

この場合、他の検査方法よりも安全に、しかも目で見て分かりやすい検査結果が得られるため、小さな病変であっても見逃しづらい、きちんとした検査ができることから、現代の医療にはかかせない検査方法の一つになっています。

ただ、mri検査を受けるというと、かなり重い病気なのではないか、といった心配や、大掛かりな装置に入るということから抵抗感も大きいのが現状だと思います。
ただ、mri検査には、いろいろな誤解というのも大きいものがあり、実際には非常に安全な検査方法であるにも関わらず、検査が失敗して大変なことになるのではないか、といった妙な不安を抱いている人も多いのです。

mri検査というのは、超伝導磁石という磁石が埋め込まれたトンネルの中を、横たわった状態の人体を通すことにより、その磁場の力により体内の状況を探り、目で分かりやすい形で映像化する装置ということができます。