タグ「感染」が付けられているもの

性病検査

性病の検査について考えてみたいと思います。

日本における性病というのは、正確には1945年に制定された性病予防法に規定されたものになります。性病予防法には以下の4つの性病が規定されています。


  • 梅毒

  • 淋病

  • 軟性下疳

  • 鼠径リンパ肉芽腫


あれ?これだけ?と思った人も多いでしょう。

一般的に性病というと、クラミジアとかカンジダ、毛じらみ、エイズなんかも性病に含まれるような感じがしている人もいると思います。

しかし、正確に言えばクラミジアやカンジダなどは性病ではなく、性行為感染症といわれるものになります。

性病予防法は戦後すぐに作られた法律なので、既にその内容は古いものといわざるを得ませんが、現在でもこの法律を元にして対策が行われているのが現状です。

さて、そんな性病検査ですが、感染が疑われる場合には病院に行って検査してもらうのが一番です。

ただ、性病といっても、性行為感染症の場合は、診療科がさまざまですので、それなりに応じた診療科を選択する必要があります。

エイズ検査

エイズ検査についていろいろと調べてみることにしました。

エイズというのはHIVウイルスがヒトに感染することで起こる病気です。
発症すると免疫機能に大きな障害が起こり、さまざまな合併症を誘発するため、生命に関わる大変におそろしい病気です。
また、いまだに根本的な治療法は見つかっておらず、感染すると根治する方法がありませんが、感染してから発症までに比較的長い潜伏期間があるのも特徴で、潜伏期間にはほとんど症状が出てきません。
この期間にエイズ検査を受けて、自分が感染者であることが分かれば、ウイルスの増殖を押さえ込んでしまうような薬は開発されています。

そこで、HIVに感染した疑いがある場合には、適切にエイズ検査を受けて、自分が実際に感染しているのかどうかを早期に把握する必要があるといえるでしょう。

エイズ検査は、全国の保健所などで行うことができます。保健所での検査の場合、無料で検査を受けることができます。
また、テレビコマーシャルなどでもご存知の方が多いかもしれませんが、この保健所でのエイズ検査は匿名で受けることができます。